スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特捜隊な日

昨日のブログ記事に寄せられたTimbarand1986さんからの情報。
「スパインのどこかに商売人がいる」




緊急ミッション発生!!
スパイン要塞に存在するという幻の商売人を捜索せよ!!


さっそく我々取材班はスパイン要塞に向うこととなった。
なお今回は、年端のいかない水サマクには危険が大き過ぎるため、ボディ家の長女にして最も冒険経験の豊富なボディスヴァハに白羽の矢が立てられた。
ひとりしかw

しかしそのボディスヴァハにしても最後にこの地を訪れてから数年が経過している。
さらにここは数カ月前に地形すら歪ませる大異変が発生しているという。
かつての情報はもはやなんの参考にもならない。
我々取材班は文字通り闇の中を進むような探検を強いられたのである。

現地周辺での聞き込み調査の結果、我々は重要な情報を得ることができた。
この地にはなんと!現地人から「商店」と呼ばれている場所があるという!
「商売人」と「商店」これは大きな関連があるに違いない。
我々はこの貴重な手がかりを元に、スパイン探検に臨んだのである。

しかし現地についた我々は、いきなりスパインの主、Tボス食人鬼に襲われてしまった!!
薪売りが
(あまりに凄惨な映像のため音声のみの放送といたします)

Tボス食人鬼の攻撃をかろうじてかわし、我々は件の「商店」という地があるとおぼしき場所にたどり着いた。

すると、そこにはっ!!


薪売りがw

我々はついに幻の商売人に遭遇した!!

発見場所はダンジョン入口の付近。この先はあまりにも危険なため立ち入ることはできなかった。
商売人はダンジョン入口マークに巧妙に隠れるようにたたずんでいた。
隠れてる

ミッション完了!
我々取材班は、スパイン要塞に巣くう幻の商売人を見事捕獲することに成功したのである。<了>

==================================


…とまぁ、昔なつかし探検隊特番ふうにレポートしましたが、
早い話が商売人NPCの場所を確認してきたわけでして。^^

ちなみにこのハリソンさんが売っていたのがこちらの商品ですが、
姫ご用達

いかにもマスクエに来る低レベル姫向けの品揃えw

ちょっと、ほのぼのしました♪(あ

スポンサーサイト

プロジェクト×みたいな日


かつては辺境ゆえに陸の孤島と呼ばれたロマ村ビスル。
過疎化が進むこの村では、離散の危機を乗り越えた村人達の汗と涙の苦難の日々があった。

クーン様、このままじゃ村はさびれる一方だべ。
なんとかしねぇと。

うむ、それには村の産業をもっと活性化せねばな。
村おこしするにも何か目玉がなければその場しのぎにしかならんぞ。

産業っても、たまに称号取りに来るテイマとかからしか稼げねえし。
ベシルさんとカレンさんしか外貨が稼げてねえな。

あってもなくても困らない称号だからねぇ。
レティさんもハンスさんも無料奉仕だし。

観光資源サもっと活かしてはどうだ?
観光客が来れば土産も売れっぺ。

ん?
村の観光資源ってなンだ?

そだな、、、
動物ふれあい村♪ってのはどだ?

う〜〜ん、動物ったって、
村には豚と牛とカニと蜘蛛と狼しかいね〜だよ。

見慣れた動物ばっかだべ。
だども、襲ってこないダイアーウルフとかウィーブウィドウはこの村にしかいねど。

ソゴム山とか赤山とかハイキングコースにしたらどだ?
有酸素運動は体にいいっぺ。健康ブームに便乗するべ。

バカ言うでねぇ!山にゃイフリートとかアブねぇ獣がいるだぞ。
素人が入り込んだら殺されっぺ。

そうだ!もっとクエを誘致するべ。クエが増えたらそれ受けに来る客が増えっぺ。
クーン様、運営にかけあってくんろ。

んだな。それもどうせなら何度も受け直せるクエがいいべ。
なんつーんだ、あれ。リピーターか?

そだ、それそれ。「何べんでも来たくなる村」っつー、きゃっちふれぇず作るだ。
そうすりゃ来たついでに鑑別称号も取っとこって気になって金落とすだ。

しかし問題は、ロマ村が交通の便が悪いことじゃな。陸の孤島じゃ誘致も難しかろう。
オロイン森みたいに整備できればいいんじゃが、そんな予算は無いしのぅ。

だいじょぶじゃねかな。客が増えれば街にタクする連中もきっと増えっぺ。
それにクエ地を選ぶ審査基準には交通の便は入ってねぇって聞いただ。むしろ辺ぴな方が運営に好まれるそうだ。

なんでも都会じゃぁ好きな場所にいつでも移動できるっつー便利なモンが売られてるらしいぞ。運営が裏でつるんでるってウワサも聞いただ。それ売るためだとしても、こっちにゃ好都合だべw

いっそのこと村でシャトルバスっての用意してもいんでねか。
送迎バスの運転手雇うベ。

うむ、なんといったかな昔、女悪魔と駆け落ちしてきたビショップがおったな。どうせ今ごろ食いつめておるじゃろうから、あやつを呼んで安い給料で運転させてはどうじゃ。

あ〜、あれはダメだべ。
馬鹿力はあったども、短足で運転もヘタだ。

聞いたウワサじゃ、初心者を支援する協会ができるらしいど。
そこと話つけて送迎の面倒みてもらうってのも手じゃねか。

それは後で考えたらいいっぺ。とにかく新しいクエを誘致して村おこしするだ。
よっしゃ、それでいくど。やるべやるべ!!







一念発起、村を救うために団結した村人達は、ついに新しいクエの誘致に成功した。

それが今日の恩寵クエである。
村の名物?

今では日々多くの人がロマ村を訪れ、名産品の「神獣の恩寵」を手にして帰る。
あなたが狩りをして助けられている神獣恩寵。
その陰には村を救おうと一致団結して村おこしに奔走した村人達の血のにじむような苦労があったことを思い出して欲しい。。。


<ロマ村村長代理クーン著作「ロマ村繁盛記」より>(大嘘w)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すみません、恩寵クエ受けに行った時にふと思いついたモーソーですw

舞台裏の日

xxxx
人は、おれ様を盗掘王と呼ぶ。
なに?墓泥棒だろうって?冗談言っちゃイケナイ。
モノの値打ちもわからんやつらからお宝を守ってやってるのさ。
俺達は人間が栄光の展示場とか呼んでいる地下墓地を寝ぐらにして自由気ままに暮らしてきた。

ところがある日、そこへ突然まえぶれもなく8人の暴徒が乱入してきた。
やつらは強い火力と不思議な魔法のような術で俺達を襲う。
どうやらあの女、ロイエムのさしがねらしいが、受けて立つしかあるまい。

しかし、こいつらの強さは半端じゃなかった。
いかん明らかに劣勢だ!非戦闘員は待避しろ。
ば、ばか、釣られて持ち場を離れるな!カギを守れ!がら空きじゃないか!
エルフばかり相手にするな、後ろから剣で狙われてるぞ!
そこの軟弱そうな長髪の男をやれ!

「だめです、いくら攻撃してもダメージがすぐ回復されてます」

いきなりでっかい火の玉が落ちてきやがる、あんな至近距離でヤツラは平気なのか。

「やつらは非情です、だれも生かしておかないつもり…ぎゃああ」


お、おい!どうした、やられたのか?

xxxx
「おさらばでございます盗掘王さま…」
「南門は突破されてしまいました。守り切れず申し訳ありません」


くっ、ついにここまで来やがったか。
守護鎧!大刀を叩き付けるだけの一本調子じゃダメだ。かわされるぞ。

「あああ、振り上げたスキに横腹に一撃を受けちまった。は、腹が凍った。動けません」

くっ!ほれみろ言わんこっちゃない。

「小道のカギを奪われました。ヤツラが侵入します。お逃げください」

逃げろったってどこに…、いや大丈夫だここに来る前には東の門番がいる。
xxxx
おい門番、ヤツラをそこで食い止めろ…って言い終わる前にやられやがった。

なんてやつらだ、俺達ををまたたく間に殲滅していく。
おれ様も覚悟を決めるしかないようだな。
甘く見るなよ、ピンクのかわいい服を着てても身のこなしは人一倍…ナマクラな攻撃なんてかわしきってやる。
xxxx
げっ!光の輪が飛んできた。あ、足が重い。
なんだこのチビは、人を指さすなっ!
む、なんだ?!うっ腕が上がらん。刀が重い。攻撃出来ない。
あ、火の玉が、、、熱い熱い、消してくれ、うぁっ今度は水の塊か、火は消えたがダメージが…もう限界だ…。
xxxx

くそぉ、これで勝ったと思うなよ、外にはまだ俺の手下がいるぞ。弔い合戦だ頼むぞ。。。
うん?静かになったな、みんなやられちまったのか…。
いや、かすかに声が聞こえる。

xxxx

おつおめあり?ポタあり?
なんの暗号だ?そうか、やつらの言葉か。どこの国の言葉だ。。。
あぁ…意識が遠のいていく、おれ様もこれまでか…。





ハイ!みんな〜、もういいよ〜、お客は帰ったから。


ロイエム一座でございますw

お疲れさまでした〜♪


「ロイエムさん、今の客、ムチャクチャだよ。調子に乗ってかかってくるから衣装やぶけちまったぜ」

後で修繕に回しといて。だいぶ傷んできてるし、そろそろ新調したほうがいいかねぇ。

「俺の衣装も新調してくれよ。このピンク、ピエロの衣装の使い回しじゃないか」

考えとくよ。ところで盗掘王あんたさぁ、やられる時のセリフもう少し考えたら?
ぜんぜん親玉っぽくないよ。

「なぁにサービスさ、ぶざまにやられてやったほうが優越感がくすぐられるだろ?」

あ、小道のカギ守ってるあんた。暗闇とか異常攻撃は、お客にBISが居る時は使っちゃダメって言ったでしょ。ちゃんと守ってよね。

「いや、テイマがペットけしかけてきたんでつい…すみません」

相手がペットだから気づかれてないだろうけど、すぐバグだとかなんとかクレームくるんだからね、気をつけてよ。
ただでさえ、展示場はつまずきやすいだの走りにくいだの言われてるんだからさぁ。
真剣にやらないと、お客をカニとか小墓に取られちまうよ。

あ、いけない時間だ、次のお客が来る。
早くみんな定位置に戻って!!
あれ?東門はどこ行った?トイレ?まったく、、、急ぐように言ってよね。
みんな〜、次のステージで今日は最後だから気合い入れてね〜。


ロイエムがパンパンと高く手を叩き、MOBたちは持ち場に散って行く。
こうして展示場では、競合する秘密ダンジョンの多い中、一人でも多くのお客を獲得すべく、日夜経営努力が続けられている。
この後もさらに深夜営業の展示場アトラクションは続くのであった。<了>



*****************************


クリア後もう一回入ると、さっきと同じこと繰り返してるんで…。
プレイヤーが帰った後の展示場秘密内の光景をなんとな〜く想像してみました<(_ _)>


清貧の日

身寄りの無い水鯖で、ひとり健気に生きているサマク。
コボルトのクサイ服と引き換えに布の服を手に入れました。
でも服はあるけど、まだ裸足。
裸足で走る足の裏


裸足でコボ洞窟を駆け回り、靴もどうにか手に入れたものの…
サイズ大きいw

…そんな不遇の目にあってるサマクでしたが、
初心者クエが縁で、親切なアトボンのパパから装備一式をいただきました。
この御恩は忘れません

とりあえずこれで寒さはしのげそうです。でも、もうひとつの問題が。。。
そう。ギルドに入るのに必要な市民権を取るために3万Goldを貯めなくてはならないのです。

せっせと古都西でクズ拾いしては、売却を繰り返す不憫なサマクでした。(ラ_T)
廃品回収

小銭を稼ぎつつ、アトボンのパパから小間使いな仕事をもらい食いつなぐ日々、、、
そうです私がry

そんな折も折、アリエルさんのドレスを買いに行くという仕事が舞い込んできました。
そうです私がry

使用人のサマクは、粗末なごわごわした皮衣を着せられているというのに、
お嬢様のアリエルは、最高級ドレスを身にまとう…、
しかも必死にお金を貯めてる目標金額をはるかに越える現金をポンと…(はるか?)
心に悪魔がささやきかけ、激しい葛藤がサマクの比較的小さな胸をさいなみます。
持ち逃げ

ダメよっサマク!ヨコシマな思いを抱いては!
そんな誘惑に負けてはイケナイ!

小公女サマクは自らを強く恥じるのでした。(いつのまに小公女にw)

「こんなことではイケナイわ。心を清く悔い改めなくては」

そして、お世話になったアトボン家を立ち去り、
汚れた心を清めるべく教会の奉仕活動を続けるサマクの姿がありましたとさ。
重なられると…

舌切り雀みたいな日

むかしむかし、あるところに、
心のやさしいサトヴァ爺さんと、意地悪なサマク婆さんがおりました。


お爺さんは、家にやってくる雀たちを、それはそれは可愛がっておりましたが、
特別出演

お婆さんは雀が大嫌いでした。
いちおうこれが雀ってことでw


ある日お婆さんが糊を作っていたところ、ちょっと目をはなしたスキに、
雀がその糊をなめてしまいました。ちゅんちゅん。これは美味しい糊だぞ。
雀はとうとう全部なめつくしてしまいました。


それを見たお婆さんは怒って、雀を捕まえて舌をちょん切ってしまいました。
ハサミで?

いかにエサに夢中になっているとはいえ、雀を素手で捕まえるとは
お婆さんは敏捷極のステ振りだったのかもしれません。
ステも貯めてる?

舌を切られた雀は泣きながら飛び去って行きました。

その話を聞いたお爺さんはとっても悲しんで、
姿をくらました雀を探してあやまろうと山に出かけて行きました。

雀はお爺さんをたいそう喜んで迎え、
いろんなごちそうを出してもてなしてくれました。
失神w

楽しいけれど、そろそろ帰らなくてはお婆さんがまた怒るから、
というお爺さんに雀たちはオミヤゲをくれました。

「大きなツヅラと小さなツヅラ、お好きなほうをお持ち帰りください」

「わしは見ての通り杖をついた老人じゃからなぁ」


お爺さんは、302にもなる年寄りで、力も補正込で115しかないので小さいツヅラを選びました。


その小さいツヅラを開けると、
なんと!中からはお宝がどっさり出て来ました。
現金9万5千Gとゴールド4倍なみのお宝ですw。
2倍もおねw


お爺さんが持ち帰ったお宝を見たお婆さんは、

「あたしゃ、あの性悪雀に糊を御馳走してやったんだからねっ!
 あたしだって、もらうもんはもらうよ」


…と、勝手な理屈を作って、雀のお宿に出かけていきました。

途中山賊に襲われたりもありましたが、
雑魚は退け

強欲パワーでなぎ倒し、どうにか雀のお宿にたどりつきました。

意地悪で欲の深いお婆さんは、当然、大きいツヅラを選びました。
こういう時には力が出るらしく軽々と担いでお宿を出て行きました。
岩投げはダテじゃないw


家に帰るまで待ち切れなくて、お婆さんが大きいツヅラを開けてみると。。。
どっこいしょ




中から、それはそれは恐ろしい化け物が現れて、
お婆さんは倒されてしまいましたとさ。
ロケ地バヘルら辺


めでたしめでたし♪


サマクのマジ箱スキル取得記念ドラマでした。^^)ノシ


プロフィール

ボディスヴァハ

Author:ボディスヴァハ
当サイトで利用している一部の画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属しています。
許可無くご利用又は転用する事は出来ませんので、予めご了承下さい。
(c)2013 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved.
License to GameOn Co., Ltd.

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。